ブックマークはこちら
ダイエット体験コミュニティ

血液検査アンケート

AFP

AFP

AFP

【αフェトプロテイン】主に肝癌の腫瘍マーカー、異常妊娠でも上昇する。血中AFPは胎生期の卵黄嚢や肝臓で生理的に産生される癌胎児性蛋白である。急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などの良性疾患で高い値になることがあり、逆に悪性疾患の場合は、肝細胞ガン、AFP産生腫瘍などがあります。
用語集 50音
ローン比較