ブックマークはこちら
ダイエット体験コミュニティ

血液検査アンケート

アルブミン/グロブリン比(A/G比)

アルブミン/グロブリン比(A/G比)
  • アルブミン/グロブリン比(A/G比)

    正常値
    検査によりわかるもの
    1.2〜2.0
    生体異常の有無の推測
    この検査により疑いの生じる病気・症状
    高値:無γ‐グロブリン血症、低γ‐グロブリン血症など
    低値:ネフローゼ症候群、肝硬変、多発性骨髄腫、慢性感染症、膠原病など
    数値異常の際に心がけるべきこと
    A/G比とはアルブミンと総グロブリンの濃度比をとり、血清蛋白分画の変動をおおまかに知る方法です。アルブミンの低下は肝臓又は腎臓の機能低下もしくは障害が予想されます。この数値が低い人はたの肝機能又は腎機能を示す数値と照らしあわせて下さい。
ローン比較